読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『刑法と戦争 - 戦時治安法制のつくり方』内田博文

人文/思想 歴史/地理

『刑法と戦争 - 戦時治安法制のつくり方』内田博文

挑発的なサブタイトルとは裏腹に、書体やカラーリングも含めて古めかしいカバーが激渋。神田の古本屋街に並んでても違和感ない。皮肉でも何でもなく超クール。新しいのに古い。古いのに今に通じる。俺には分かる。これは法学者内田が、祈りを込めて書いた大著だ。

第二次世界大戦時の残虐非道な行為の多くは、法令に基づいて行われた。戦時体制下では、人々が思いをデモや集会や出版物などを通して表現すること、訴えることができなくなる。闘う武器が奪われるというのが、歴史の教訓である。

刑法と戦争――戦時治安法制のつくり方

刑法と戦争――戦時治安法制のつくり方