読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『メソポタミアとインダスのあいだ - 知られざる海洋の古代文明』 後藤健

歴史/地理

メソポタミアとインダスのあいだ - 知られざる海洋の古代文明』後藤健

古代海洋文明と聞いただけで、いきなりテンションが上がってしまう奴のための本。ヴェーイ!

というか中東情勢が悪くなりすぎて、人類最古の文明跡地を訪ねにくくなった現状はマジで憎い。あの辺をオモチャにしてる連中は、人類の歴史を愚弄してるクソ野郎だわ。

メソポタミアには人類最古の文明が誕生した。そこは農産物こそ豊富だったが、木材、石材、金属などの必要物資はほとんどなく、すべて遠隔地からの輸入に頼っていた。輸送を担ったのはアラビア湾の海洋民たちである。

彼らは湾内に拠点を構え、遠くメソポタミアからイラン、インダス河流域まで出張して取引し、巨富を得ていた。一大交易ネットワークを築き上げた湾岸文明の実態がいま明かされる。

メソポタミアとインダスのあいだ: 知られざる海洋の古代文明 (筑摩選書)

メソポタミアとインダスのあいだ: 知られざる海洋の古代文明 (筑摩選書)