読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『メッカ巡礼記1 - 旅の出会いに関する情報の備忘録』 イブン・ジュバイル

歴史/地理

『メッカ巡礼記1 - 旅の出会いに関する情報の備忘録』 イブン・ジュバイル

これは現代のメッカ巡礼記ではない。12世紀の旅ブログと考えればいい。あるいは、ことりっぷとか、地球の歩き方みたいなもん。著者のイブン・ジュバイルは、当時すごい人気のブロガーで、後のカリスマ旅人イブン・バットゥータも、イブン・ジュザイーに旅行記をまとめさせる際、その手本としたほどだ。

さて、スペインはバレンシア生まれのジュバイルは、イスラム教徒であったが、ある時うっかり禁酒の誓いを破ってしまい、その罪を償うためメッカ巡礼を決意する。……とされているが、実態はもっと軽いノリだったと思うな。何しろブロガーだ。いや、YouTuberかもしれない。メッカに行く理由を作るために、わざと酒を飲んだことも考えられる。

さもなければ、その頃の交通事情や治安状況を考えると、メッカ巡礼は正気の沙汰ではない。十字軍とイスラム勢力が、そこかしこで衝突してるんだぜ(※この旅行記は、第二回と第三回の十字軍の間に挟まれてる)。旅の途中で命を落としかねないのに、「酒の罪を償うためメッカに行きたい」とか言うか?

それにSNSもATMも電子辞書もエアコンも抗生物質もない時代だ。どんだけ苦労するのさ。だがその分だけ、メッカに到着した時にはメチャクチャ達成感あったと思うし、道中もハンパなく面白かったろうな。これはその道中記だ。

イブン・バットゥータ『大旅行記』の手本となった旅の記録。十字軍時代の社会を克明に活写。
第1巻はグラナダを出発し、地中海、エジプトを経て、メッカに至る。

メッカ巡礼記1: 旅の出会いに関する情報の備忘録 (東洋文庫)

メッカ巡礼記1: 旅の出会いに関する情報の備忘録 (東洋文庫)