BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『正義の境界』オノラ・オニール

『正義の境界』オノラ・オニール

ジョン・ロールズに学んだオノラ・オニールの初邦訳。オニールについては、TEDのこの動画で見たことがあるかもしれない。けっこうな高齢。

さて、オニールいわく「国境はもはや正当な正義の境界として見なしえない」。こう言われて逆に、国境を(政治的な)正義の境界線と見なす視点があったことに気づかされた。いや、現代ではあまりにも国境の意味が薄れすぎていて、国境と正義をリンクさせる視点そのものを持ててなかった。なるほどなるほど、それでグローバルな正義の構想へとシフトしてくわけだ。いいじゃん。タイトルにも納得。

正義の「哲学的な境界」と「政治的な境界」に関わる問題を、カントの政治哲学を用いて探求する。ポスト・ロールズ時代のカント主義哲学は、われわれの「正義」に何をもたらすのか? そして、ロールズのなしえなかった義務論にもとづくグローバルな正義の構想とは。

正義の境界

正義の境界

広告を非表示にする