BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『なぜ? からはじまる歎異抄』武田定光

『なぜ? からはじまる歎異抄』武田定光

いいアプローチの『歎異抄』入門書だと思う。ちなみに『歎異抄』は、「なぜ?」から始まって、そのまま終わらないディープな本なので、「なるほど! わかった!」という風に解説する本があったら、それはインチキなニセモノだと覚えておくといい。

歎異抄』は、ずっと「なぜ?」を問い続けるためのツールとも言えるかもしれない。だいたい、書かれてることがムチャクチャだからな。しかし、その理不尽なまでのムチャクチャこそが『歎異抄』の醍醐味だろう。それに耐えられないメンタルの持ち主は近寄らない方がいい。著者は『親鸞抄』『新しい親鸞』『歎異抄の深淵』など、親鸞関係の著作の多い武田定光(因速寺住職)。東本願寺出版から。

「なぜ悪人こそが救われる?」「なぜ故人の供養のために念仏しない?」、これらの「なぜ」に一つ一つ立ち止まり、そこには古典を古典として終わらせない、現代を生きる私たちの道標となる真実があります。

なぜ? からはじまる歎異抄 (真宗新書)

なぜ? からはじまる歎異抄 (真宗新書)

広告を非表示にする