読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『できる大人の「一筆添える」技術』むらかみかずこ

『できる大人の「一筆添える」技術』むらかみかずこ

これは分かる。ただ仕事を頼むんじゃなくて、ほんの一言そえるだけで、グッとコミュニケーションは円滑になる。モチベーションも変わってくる。文書でも事情は同じで、「これとこれ、明日までにお願いします」みたいな書類を机に置いとくだけだと、ビジネスライクすぎて双方ともにつまらないが、それとは別に付箋でもペタ付けて、「ホント忙しいところに申し訳ない!」的なことを書いておくと、何だか心が落ち着く。

職場の空気や相手との関係にもよるが、場合によってはシールやスタンプ、ちょっとした落書きなんかでもいいと思う。それが「できる大人」のやることか分からないが、そうやった方が楽しく仕事できていい。逆の立場になって考えれば、すぐに分かる話で。

「いや、そんなことされたら、かえってイラつきます」というケースもあろうかと思うが、それは相手との距離感がうまく詰められてない証拠だと思う。その状態で一筆添えようとするなら、いくらか注意が必要で、うまく間合いを測らないといけない。けれども根本には、コミュニケーションの不足があると考えられるので、まずはそこを手直しするといい。

字が下手でも何を書いたらいいのかわからなくても大丈夫。一筆上手は付き合い上手、誰でもできる「一筆添える」テクニックが満載。

できる大人の“一筆添える

できる大人の“一筆添える"技術 (中経の文庫)