BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

ライフハック

『あなたの魅力を爆発させる方法』山田マキ

『あなたの魅力を爆発させる方法』山田マキ いかにも狙ってそうなタイトルとは裏腹に、老若男女を問わず好まれる魅力を探った渋い本。「人の魅力とは何か?」と考えれば、最終的に表面的なアレコレはすべてそぎ落とされ、その人の素があっけらかんと出ている…

『影響力の心理 - The Power Games』ヘンリック・フェキセウス

『影響力の心理 - The Power Games』ヘンリック・フェキセウス わりかし、「なるほど」と思える事例が並ぶ。「弱みを見せたほうが信頼される」、「共通点があると影響力が格段に上がる」、「人は集団になると簡単に操られる」などなど。その一方で、「人を褒…

『プライオメトリック・トレーニング』ドナルド・チュー/グレゴリー・マイヤー

『プライオメトリック・トレーニング』Donald.A.Chu/Gregory.D.Myer 日本では、いまだあまり馴染みのないプライオメトリック(Plyometrics)の本。瞬発力を求められる競技において、アスリートの筋力を最適化させるトレーニングとでも考えるといい。筋収縮…

『できる大人の「一筆添える」技術』むらかみかずこ

『できる大人の「一筆添える」技術』むらかみかずこ これは分かる。ただ仕事を頼むんじゃなくて、ほんの一言そえるだけで、グッとコミュニケーションは円滑になる。モチベーションも変わってくる。文書でも事情は同じで、「これとこれ、明日までにお願いしま…

『売れるハンドメイド作家の教科書』中尾亜由美

『売れるハンドメイド作家の教科書』中尾亜由美 「ネットでお小遣い稼ぎ!」といえば、アフィリエイトやオークション、ポイントサイト、ブログライターに内職系ビジネスなどが知られているが、どれもこれも基本的には稼げない。徒労という言葉が一番しっくり…

『仕事の壁にぶつかった僕に、たとえば宇宙人なら何を教えてくれるだろう?』森まりも

『仕事の壁にぶつかった僕に、たとえば宇宙人なら何を教えてくれるだろう?』森まりも どこから突っ込めばいいのか分からないが、まあ色いろヒドい。いちおうビジネス自己啓発書? 表紙イラストは、しりあがり寿。タイトルはラノベ風。宇宙の彼方にある誕生…

『話がつまらないのは「哲学」が足りないからだ』小川仁志

『話がつまらないのは「哲学」が足りないからだ』小川仁志 ちょっとした雑談からでも、その人の教養なり、性格なり、センスなりが分かってしまう。そして、たしかに哲学のないヤツの話は、決まってつまらない。しかし哲学の知識があれば、あるいは哲学の小ネ…

『超一流の謝り方』千田琢哉

『超一流の謝り方』千田琢哉 タイトルにある通り、これは超一流の謝り方について書かれた本である。やはり超一流と言えども、うっかりミスや不手際と無縁ではないのだろう。そう考えると、なかなか趣きのある題名である。総合法令出版から出てるのも面白い。…

『今までにないスイーツの発想と組み立て - 素材を活かした組み合わせのアイデアとテクニック』吉田菊次郎/中西昭生

『今までにないスイーツの発想と組み立て - 素材を活かした組み合わせのアイデアとテクニック』吉田菊次郎/中西昭生 IBMがシェフ・ワトソンを作るよりもずっと以前、スペイン伝説のレストラン「エル・ブジ(El Bulli)」では、鬼才フェラン・アドリアが極め…

『話しかけなくていい! 会話術』木村隆志

『話しかけなくていい! 会話術』木村隆志 「話しかけることで会話は始まる」と思っていたので、タイトルには困惑した。しかし言われてみれば、「話しかけられて始まる会話」も少なくないし、それを自らコントロールできているとしたら、ひとつの立派な会話…

『インスタント リア充 - 人生に「いいね!」をつける21の方法』地主恵亮

『インスタント リア充 - 人生に「いいね!」をつける21の方法』地主恵亮 つい先日、太宰治の次女で作家の津島佑子が亡くなった。R.I.P.さて、太宰と言えば、私小説だ(もちろん作風はこれに限らないが、一般的なイメージとして)。そう、自身のプライバシー…

『自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80』池谷裕二

『自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80』池谷裕二 認知症の老人をカモるのは倫理的にNGだろう。人としてやっちゃいけない気がする。だが一方で世の中には、認知バイアスを利用して人をカモろうとする商売が少なくない。俺に…

『みんなの家事ブック - 本多さおりの「家事がしやすい」部屋探訪』本多さおり

『みんなの家事ブック - 本多さおりの「家事がしやすい」部屋探訪』本多さおり 他人の部屋を訪ねるのは面白い。刑事気分を味わえる。住んでる奴の性格や価値観、暮らしぶりを、そこにあるモノから読み解いていく。俺「なるほど、遮光カーテンか。丈が長いの…

『並べて、焼けるの待つだけほったらかしオーブンレシピ』新田亜素美

『並べて、焼けるの待つだけほったらかしオーブンレシピ』新田亜素美 あまりにも気取らないタイトルだ。体裁も何もあったもんじゃない。口に出してみるとよく分かる。 「並べて、焼けるの待つだけ、ほったらかし」この手の料理本は、どうやら昨今のトレンド…

『自分を開く技術』伊藤壇

『自分を開く技術』伊藤壇 サッカー選手を引退してからの中田英寿は、旅人として生きることにした。しかし伊藤壇は、その道を選ばなかった。旅人のようなサッカー選手になることを決意したのだ。まるで気ままなバックパッカーよろしく、モルディブ、ブルネイ…

『松平家のおかたづけ』松平洋史子

『松平家のおかたづけ』松平洋史子 近藤麻理恵の『人生がときめく片づけの魔法』は、英語版(The Life-Changing Magic of Tidying Up)が出され、ついに海外でのセールスが100万部を突破した。また中国でも「断捨離(断舍离)」が、おととし流行語となった。…

『育てにくい男の子 ママのせいではありません - イライラがニコニコにかわる7つのコツ』おおた としまさ

『育てにくい男の子 ママのせいではありません - イライラがニコニコにかわる7つのコツ』おおた としまさ 「女の子の育て方」って育児本は、それほど見ないが、反対に「男の子の育て方」本は数多い。やっぱ男の子への接し方に戸惑う母親が少なくないんだろう…

『まずは「ドジな話」をしなさい』 梶原しげる

『まずは「ドジな話」をしなさい』梶原しげる それほど親しくない人間と仲良くなるとき、鉄板ネタとなるのが、間抜けな失敗談であり、笑える勘違い話であり、要はドジな話だ。そのことは十分に頭で分かってるつもりではいても、打ち解ける前の空気で、そうい…

『あなたを変える魔女の生き方』 西村佑子

『あなたを変える魔女の生き方』 西村佑子 魔女といっても美魔女とかの方面ではない。本物の魔女だ。何しろ書き手の西村は、およそライフワークと言っても差し支えないほど、魔女に入れ込んでる奴で、カタい魔女本をいくつも出してる。それだけでなく、グリ…

『400のプロジェクトを同時に進める - 佐藤オオキのスピード仕事術』 佐藤オオキ

『400のプロジェクトを同時に進める - 佐藤オオキのスピード仕事術』 佐藤オオキ バルミューダやプラスマイナスゼロ、無印良品を絶賛する奴でも、佐藤オオキのnendoになると、いささか歯切れが悪い。評価しないわけではないが、決して絶賛することはない。そ…

『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』 小澤竹俊

『今日が人生最後の日だと思って生きなさい』 小澤竹俊 乱暴にくくるとライフハック本に分類されるだろうけど、このタイトルの元ネタってルキウス・セネカ(ローマ皇帝ネロの家庭教師)だよな。言い回しは多少ちがうかもしれないが、確かこんなこと言ってた…

『バカ田大学 入学試験問題 冷やし中科』講談社

『バカ田大学 入学試験問題 冷やし中科』講談社 この手の本には、律儀にもエイプリルフールに冗談を飛ばすマジメと同種の、猛烈な寒気を覚えるので、近寄らないようにしている。しかし前評判をくつがえして、『おそ松さん』は意外にもサムくないらしいので、…

『金利を見れば投資はうまくいく』 堀井正孝

『金利を見れば投資はうまくいく』 堀井正孝 日銀がマイナス金利に踏み切ったことで、銀行セクターは阿鼻叫喚状態だ。ヘタすりゃ倒産するところも出るんじゃねーの?というように、金利は重要なので、この本に軽く目を通すのもいいかもしれない。表紙はいさ…

『心を軽くする超戦略的「人間関係」論』 小田幸平

『心を軽くする超戦略的「人間関係」論』 小田幸平 すごくないのに、すごい本。いや、すごくないのが、すごい本とすべきか?打率1割台で、レギュラーとしては固定されず、それでいて17年間も二番手以下のキャッチャーとして、プロ野球の世界を生き延びた著者…

『本番に強くなる! - 演奏者の必勝メンタルトレーニング』 ドン・グリーン

『本番に強くなる! - 演奏者の必勝メンタルトレーニング』ドン・グリーン どれどれ、ジュリアード音楽院のメソッドか。お手並み拝見といこうじゃないか。本番へのカウントダウンで20日前は……「契約書に署名する」! やられた。そこからメンタルトレーニング…

『見えない私の生活術』 新納季温子

『見えない私の生活術』新納季温子 何気にすごい本だと思う。「視覚障害者にどう接するか?」みたいなのは多いが、「どう生活しているか?」にフォーカスしたものは、俺は読んだことない。でも本当はそこがスタート地点であるべきで、そうか、目が見えてない…

『なんでも英語で言えちゃう本』 青木ゆか

『なんでも英語で言えちゃう本』青木ゆか タイトルで軽く言い切ってるのが痛快。著者は『ずるいえいご』の青木ゆか。日本経済新聞出版社から出てるので、急な海外出張が決まって切羽詰まったビジネスパーソン()が手にしてそう。内容的にはユルめのグロービ…

『研究者としてうまくやっていくには - 組織の力を研究に活かす』 長谷川修司

『研究者としてうまくやっていくには - 組織の力を研究に活かす』長谷川修司 名門ブルーバックスから世渡りの本が出るとは、これは一体どういうことだ(困惑)。ネタとしては面白いが、悲しい気分になってくる。それだけ研究職の現状は厳しいってことか。 学…

『自由に生きる』 プラユキ・ナラテボー

『自由に生きる』プラユキ・ナラテボー 埼玉出身のプラユキ・ナラテボー新刊。ヘンな経歴のわりに、本人はいたって邪気のない顔をしてるので、あちこちで頭をぶつけながら苦労したんだろうな。自由をつかむのは楽じゃない。 タイの森林僧院と日本を往復して…

『物を作って生きるには - 23人のMaker Proが語る仕事と生活』 John Baichtal

『物を作って生きるには - 23人のMaker Proが語る仕事と生活』John Baichtal オライリーのMake:Japan Booksシリーズ新刊。翻訳は野中モモ。日本語版の追加エッセイとインタビューのメンバーが微妙なレベルで豪華。べつに物を作って生きようとは思わないが、…

『企画はひっくり返すだけ! - 「離婚式」「涙活」を成功させたぼくのアイデア術』 寺井広樹

『企画はひっくり返すだけ! - 「離婚式」「涙活」を成功させたぼくのアイデア術』寺井広樹 タイトルの乱暴さが良い。だが、この本に書かれていることを、まんま実行すると、ほぼ間違いなく爆死するはずだ。寺井は離婚式の発案でことに有名だが、離婚式が成…

『バカとブスこそ金稼げ!』 泉忠司

『バカとブスこそ金稼げ!』泉忠司 題がひどい。「ここまでヒドいと、それなりに考えがあってのことだろう」と思ったら、やっぱりその通りだった。そしてレビューを見る限り、著者の思惑通りに運んでいる。やるじゃん。 書店員や書店を訪れる見込み客には反…

『「忙しい」を捨てる - 時間にとらわれない生き方』アルボムッレ・スマナサーラ

『「忙しい」を捨てる - 時間にとらわれない生き方』アルボムッレ・スマナサーラ スリランカ出身の僧侶アルボムッレ・スマナサーラ。タイトルに反して、本人はメチャクチャ忙しそうだ。去年12月と今年1月だけで9冊の本を出している。おもしろすぎ。そういう…

『マイナスからの恋愛革命』 井上裕介

『マイナスからの恋愛革命』井上裕介 不気味な笑顔が非常にキモい表紙が、おぞましいオーラを発散している。なかなか出そうとして出せるものではない。マイナス感がよく出てる。カメラマンのいい仕事。文字通りのツイッター芸人でもある井上のモテ本。ゲスい…

『めんどくさがる自分を動かす技術』 冨山真由/石田淳

『めんどくさがる自分を動かす技術』冨山真由/石田淳 この手のモチベーション本は、いかに意欲を引き出すかを書くものだが、本書は「やる気」に頼らないという。なかなか人間のことを分かってる。他人を動かすのは簡単だ。何らかの動機付けをしてしまえばい…

『結婚につながる恋のはじめかた』絵音/菜々子

『結婚につながる恋のはじめかた』絵音/菜々子 いっそすがすがしいタイトル。ミもフタもない題名が男らしい。中途半端なクズが一番ダメだ。洗脳セミナーに近いノリもいいな。こういった下劣さは嫌いじゃない。もっとやれ。ところで。女子力を鍛えようとすれ…

『内向型人間のすごい力 - 静かな人が世界を変える』スーザン・ケイン

『内向型人間のすごい力 - 静かな人が世界を変える』スーザン・ケイン いくらか人生経験を積んだ奴なら分かる。敵に回して一番ヤバいのが、無口で温厚で人当たりのいい野郎だ。あなどっていると痛い目にあう。海外でミリオンセラーになったスーザン・ケイン…

『7人の主君を渡り歩いた男 - 藤堂高虎という生き方』 江宮隆之

『7人の主君を渡り歩いた男 - 藤堂高虎という生き方』江宮隆之 ニコニコ大百科かアンサイクロペディアの無駄に充実したエントリに目を通すと、藤堂高虎の強烈なキャラを知ることができる。もちろん、だいぶ脚色が入ってることを考慮する必要はある。どんどん…

『システマ・フットワーク - サバイブのための歩法』北川貴英

『システマ・フットワーク - サバイブのための歩法』北川貴英 ロシア軍特殊部隊スペツナズでも教えられている格闘術システマは、ベラルーシ出身のミカエル・リャブコによって体系化された。合気道のようにも見えるが(傍目にダンスのような点も含めて)、よ…

『脳が認める勉強法 - 「学習の科学」が明かす驚きの真実』ベネディクト・キャリー

『脳が認める勉強法 - 「学習の科学」が明かす驚きの真実』ベネディクト・キャリー こいつは訳者が一枚上手だ。地味な原題「How We Learn」を、ここまでキャッチーに仕上げるとは。だからと言ってハッタリ本というわけではない。ハッタリでベストセラーにな…

『ペンタゴン式 ハードワークでも折れない心のつくり方』カイゾン・コーテ

『ペンタゴン式 ハードワークでも折れない心のつくり方』カイゾン・コーテ ペンタゴン仕込みのメンタル強化本。まず間違いなくガチ。「恐れに支配された時に陥る『反応』を知る」とか、「意見の違う他人の考えを『道具』と考える」とか、「心の静寂を習慣に…

『英語学習のメカニズム - 第二言語習得研究にもとづく効果的な勉強法』廣森友人

『英語学習のメカニズム - 第二言語習得研究にもとづく効果的な勉強法』廣森友人 このところ流行している第二言語習得研究ベースの学習本。信頼の大修館書店から。 英語科教員や研究者の間で注目を集めている第二言語習得理論にもとづき、学習者の個性に合っ…

『目でみてわかる消防ポンプ操法』消防ポンプ操法研究会

『目でみてわかる消防ポンプ操法』消防ポンプ操法研究会 男の職業で一番カッコいいのが消防士だ。この本ではポンプ車操法、小型ポンプ操法を約1100枚の連射写真で学べるから、いざという時に役立つ。しかも信頼の東京法令出版。意識高い奴ならマストバイだろ…

『なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか』八納啓創

『なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか』八納啓創 タイトルのB級感が味わい深い。スルーしようと思ったが、おおむね旧作が高評価だったのと、一貫して人と住空間を考えてる風だったから取り上げた。スタンスが変わらない奴はそれなりに信頼できる。過去…

『「音大卒」の戦い方』大内孝夫

『「音大卒」の戦い方』大内孝夫 協力に武蔵野音楽大学とクレジットされ、出版社がヤマハミュージックメディアってのがツボったが、著者の前作『「音大卒」は武器になる』はなかなかの高評価。今作もただのタイトル勝負ではなく、きちんと中身を伴っていると…

『プロが本音で書いた 男のための離婚の本』吉田重信

『プロが本音で書いた 男のための離婚の本』吉田重信 紹介文の女々しさがイカす。秀和システム、何やってんだよ。 「男の離婚は絶対的に不利」 それでも敢えて、始まる前から劣勢が確定している戦いに挑もうというのなら、是が非でも本書をお読みください。…

『親の家の片づけ方』大津たまみ

『親の家の片づけ方』大津たまみ 一種の生前整理を「これ1冊で安心」などと軽く紹介してるあたり、ガチ勢の掃除屋だと思わされる。 親の家の片づけは、整理整頓ができればOKというわけではありません。 いわゆるモノの整理だけだと、リバウンドしてしまった…

『モノやお金がなくても、豊かに暮らせる。もたない贅沢がいちばん』ヘンリー・D・ソロー

『モノやお金がなくても、豊かに暮らせる。もたない贅沢がいちばん』ヘンリー・D・ソロー 断捨離ブームに担ぎ出される森の生活者であった。しかし覚えておいてほしい。ヘンリーの生活にあこがれる奴は多いかもしれないが、こいつが森で暮らしたのは二年だけ…