BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

経済/ビジネス

『外為決済とCLS銀行』中島真志

『外為決済とCLS銀行』中島真志 『決済システムのすべて』、『証券決済システムのすべて』、『SWIFTのすべて』で知られる中島真志の新刊は、CLS銀行モノ。ちなみにヘルシュタット・リスクを軽減するためG20の合意に基づいて設立されたのが、CLS(Continuous …

『進め!! 東大ブラック企業探偵団』大熊将八

『進め!! 東大ブラック企業探偵団』大熊将八 こういう本を書くのは、青山や明治のイメージがあったけど(慶応でも可)、東大ってのが時代を感じる。日本経済の末期的な様相。表紙のユルさに反して、企業分析はしっかりしてる。ノベライズなので、ノンフィク…

『できる大人の「一筆添える」技術』むらかみかずこ

『できる大人の「一筆添える」技術』むらかみかずこ これは分かる。ただ仕事を頼むんじゃなくて、ほんの一言そえるだけで、グッとコミュニケーションは円滑になる。モチベーションも変わってくる。文書でも事情は同じで、「これとこれ、明日までにお願いしま…

『鮎川義介- 日産コンツェルンを作った男』堀雅昭

『鮎川義介- 日産コンツェルンを作った男』堀雅昭 鮎川義介による「事業は創作であり、自分は一個の創作家である」という言葉は、その波乱の生涯を見ると、深く納得させられる。たしかに創作家でもなければ出来ないような、非常に旺盛な事業展開だ。こういう…

『ウェブ小説の衝撃 - ネット発ヒットコンテンツのしくみ』飯田一史

『ウェブ小説の衝撃 - ネット発ヒットコンテンツのしくみ』飯田一史 著者は「衝撃 ネット小説のいま」を連載している飯田一史。ウェブ小説界隈にはほとんど縁がないが、今のところウェブで書かれなければならない必然性を伴った小説に接した記憶はない。だか…

『ダグラス・ノース 制度原論』ダグラス・ノース

『ダグラス・ノース 制度原論』ダグラス・ノース 去年11月に亡くなった、経済学の巨人ダグラス・ノースの実質的な遺作(他は共編著なので)、『Understanding the Process of Economic Change』の翻訳本。経済変化の本質は何か、制度はどう進化するのか、何…

『トランパー - 伊予吉田の海運偉人伝 山下亀三郎と山下学校門下生』宮本しげる

『トランパー - 伊予吉田の海運偉人伝 山下亀三郎と山下学校門下生』宮本しげる タイトルにある「トランパー」とは、海運用語で船会社が運航する不定期船サービスの俗称で、海のタクシーとでも考えるといい。山下亀三郎は愛媛生まれの実業家で、山下汽船(現…

『ゴミは会社を救う! - 環境と社会に良いことをして儲かる会社を創る方法』武本かや

『ゴミは会社を救う! - 環境と社会に良いことをして儲かる会社を創る方法』武本かや てっきり石坂産業の関係者が書いた本だと思ったら、違ってた。現在の石坂産業は、産廃業者にしては珍しく(失礼!)、環境にも経営にもやさしい、非常に合理的な方針でグ…

『完全なる投資家の頭の中 - マンガーとバフェットの議事録』トレン・グリフィン

『完全なる投資家の頭の中 - マンガーとバフェットの議事録』トレン・グリフィン パンローリング社の「ウィザードブック」シリーズには、時としてこういう本物が紛れ込むから侮れない。ウォーレン・バフェットとバークシャー・ハサウェイについては説明不要…

『これから始まる「新しい世界経済」の教科書』ジョセフ・E・スティグリッツ

『これから始まる「新しい世界経済」の教科書』ジョセフ・E・スティグリッツ 経済関係者は信頼できない。とりわけアナリストを名乗る連中はひどい。朝令暮改な言動は珍しくも何ともなく、マーケットが開く前と閉まった後で、言ってることが真逆になるのは、…

『プロが教える YouTubeビジネス活用術』石割俊一郎

『プロが教える YouTubeビジネス活用術』石割俊一郎 いまや誰でも簡単にネットに動画をアップできる環境がハード、ソフトともに整っているが、中小企業がそれをうまく使いこなしているとは言い難い。Webサイトやブログを中小企業がまるで活用できてなかった…

『成長をかけ算にする サイバーエージェント 広報の仕事術』上村嗣美

『成長をかけ算にする - サイバーエージェント 広報の仕事術』上村嗣美 サイバーエージェントと言えば、この何年かキラキラ女子に代表される新卒を積極的に採用しては、前面に「リア充な会社でーす!」とアピってて、どんな魂胆でそんなことやってるのか謎だ…

『ムーンショット! - Moonshot!』ジョン・スカリー

『ムーンショット! - Moonshot!』ジョン・スカリー ジョン・スカリーによるイノベーション本。モバイル、クラウド、センサー、ビッグデータに注目すべきという。なるほど、特に当たり障りのないことを言ってる。さすがだ。今なら他にも人工知能、フィンテッ…

『マルクスと贋金づくりたち - 貨幣の価値を変えよ』大黒弘慈

『マルクスと贋金づくりたち - 貨幣の価値を変えよ』大黒弘慈 「貨幣の価値を変えよ」シリーズの完結編。大黒が渾身のちからを込めて書いたであろう、このシリーズだが、まったく話題になってねー! 岩波から出てるし、柄谷行人が推薦してるし、大澤真幸がコ…

『経済学の本質と意義』ライオネル・ロビンズ

『経済学の本質と意義』ライオネル・ロビンズ すっかりケインズの陰に隠れて、歴史上に名前だけが残ってるようなライオネル・ロビンズだが、奴のこの『経済学の本質と意義』(1932年)がなければ、その後に出されたケインズの『雇用・利子および貨幣の一般理…

『宿澤広朗 - 運を支配した男』加藤仁

『宿澤広朗 - 運を支配した男』加藤仁 ラグビーで日本がスコットランドに勝った過去を知らなかった。そんな番狂わせがラグビーでも起こりうるんだな。というか、そのレベルの大金星は、運を支配して実現できるものなのか?宿澤という人物をまったく知らなか…

『「感動」ビジネスの方程式 - 「おもてなし」を凌駕する驚異の手法』杉元崇将

『「感動」ビジネスの方程式 - 「おもてなし」を凌駕する驚異の手法』杉元崇将 泣ける話、腹立たしい話のテンプレートは、さほど手間をかけずに作れるだろう。では、「感動する話は?」となると、幅が広すぎて、たじろいでしまう。しかし「客目線で感動する…

『国際投資仲裁ガイドブック』末冨純子/濱井宏之/阿部克則

『国際投資仲裁ガイドブック』末冨純子/濱井宏之/阿部克則 TPPは諸刃の剣で、うまく利用できたら有益だし、反対の場合には殺される。関税の段階的な撤廃、その影響はだいたい読める。それに伴う国益の瑕疵を、再規制で取り戻せないとする、ラチェット規定…

『トヨタのカタ - 驚異の業績を支える思考と行動のルーティン』マイク・ローザー

『トヨタのカタ - 驚異の業績を支える思考と行動のルーティン』マイク・ローザー 国内のビジネス書だと、アップル、マッキンゼー、ディズニーらへんが神通力を持ってるようで、それにあやかったようなタイトルをよく見かける。『アップル イノベーションの神…

『BIS国際決済銀行 - 隠された歴史』アダム・レボー

『BIS国際決済銀行 - 隠された歴史』アダム・レボー BIS規制(バーゼル合意)で耳にしたことがあるはずのBIS(ビーアイエス)の本。ときおりBIS規制の変更で、世界中の銀行が右往左往することになる、あの謎の組織だ。スタッフは600人ほどで、その絶大な影響…

『牛を飼う球団』喜瀬雅則

『牛を飼う球団』喜瀬雅則 このタイトルだけ見て「ネタ本かな?」と思う奴はシロート。こんなんガチに決まってるだろ。徹底して本気で考えないと、球団が牛を飼う次元になんか到達できるわけがない。そして、得てして人間がとことん考え込むと、一見して「?…

『990円のジーンズがつくられるのはなぜ? - ファストファッションの工場で起こっていること』長田華子

『990円のジーンズがつくられるのはなぜ? - ファストファッションの工場で起こっていること』長田華子 ふだんの生活でバングラデシュを意識することはない。しかし家に一着くらいは、バングラデシュ製の服があるはずだ。この本は、そのバングラデシュにおけ…

『ボリンジャーバンドとMACDによるデイトレード - 世界一シンプルな売買戦略』 マルクス・ヘイトコッター

『ボリンジャーバンドとMACDによるデイトレード - 世界一シンプルな売買戦略』 マルクス・ヘイトコッター 何やら世界経済に不穏な動きがあるので、「この荒波で一稼ぎしてやろうじゃねーの!」と考えてるアホが多いかもしれないが、そうだな、老舗パンローリ…

『テキスト アンソニー会計学』 ロバート・アンソニー/レスリー・ブライトナー

『テキスト アンソニー会計学』 ロバート・アンソニー/レスリー・ブライトナー 著者のロバート・アンソニー(※英Wikipedia)は、ハーバード・ビジネス・スクールの教授を40年以上にわたって務めた管理会計の大家。本人の名前が学名に入っちゃってるんだから…

『通訳ガイドというおしごと』島崎秀定

『通訳ガイドというおしごと』島崎秀定 観光政策と円安で、外国人観光客が目に見えて増えた。うっすら通訳ガイドに憧れる奴も少なくないだろう。そんな時には、この本だ。語学のアルクから出てるから、人選クオリティ的にも問題ないだろう。ただ通訳ガイド一…

『金利を見れば投資はうまくいく』 堀井正孝

『金利を見れば投資はうまくいく』 堀井正孝 日銀がマイナス金利に踏み切ったことで、銀行セクターは阿鼻叫喚状態だ。ヘタすりゃ倒産するところも出るんじゃねーの?というように、金利は重要なので、この本に軽く目を通すのもいいかもしれない。表紙はいさ…

『競争優位としての経営理念』 グロービス/嶋田毅

『競争優位としての経営理念』グロービス/嶋田毅 理念のある奴とない奴が争えば、十中八九、前者が勝つ。そりゃそうだ。理念がなければ、革新案も、理想像も、未来図も描けない。そんなカラッポな奴に、理念のある奴はそうそう負けない。当然それは企業にも…

『ゲーミファイ - エンゲージメントを高めるゲーミフィケーションの新しい未来』 ブライアン・バーク

『ゲーミファイ - エンゲージメントを高めるゲーミフィケーションの新しい未来』ブライアン・バーク それまで名付けられていなかった、ある手法に対して、2011年に「ゲーミフィケーション(Gamification)」との名前が与えられ、突如として脚光を浴びるよう…

『「職場のメンタルヘルス」を強化する - ストレスに強い組織をつくり、競争優位を目指す』吉野聡

『「職場のメンタルヘルス」を強化する - ストレスに強い組織をつくり、競争優位を目指す』吉野聡 2015年12月から始まった厚生労働省によるストレスチェック制度。スタッフが50人以上の事業所では、これを受けることが義務付けられた。まったく面倒な制度を…

『アシックス(見学!日本の大企業)』 こどもくらぶ

『アシックス(見学!日本の大企業)』こどもくらぶ 野暮ったいデザインが多いが、走り屋からの評価は異常に高いアシックス。子供向けの本なので、うっかり開発者が核心的な発言をしてくれることに期待する。 世界じゅうのスポーツマンに愛されるスポーツ用…

『インドと日本は最強コンビ』 サンジーヴ・スィンハ

『インドと日本は最強コンビ』サンジーヴ・スィンハ 新潮新書から『すごいインド:なぜグローバル人材が輩出するのか』を出したサンジーヴ・スィンハの新作。何をもって最強コンビとするのかよく分からない。しかし何となくインドと日本は相性が良さそうだ。…

『チームのことだけ、考えた。 - サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか』 青野慶久

『チームのことだけ、考えた。 - サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか』青野慶久 社員が楽しそうに働いてないことに、問題を感じていなかった社長の青野。致命的なアホだ。そのアホが、自らのアホさに気づいてく部分…

『2016 スクール・マネジメント・ノート - 校長・教頭のためのスケジュール帳』教育開発研究所/小島宏

『2016 スクール・マネジメント・ノート - 校長・教頭のためのスケジュール帳』教育開発研究所/小島宏 年末年始の書店にはスケジュール帳が並ぶ。冬の風物詩だ。ローカルな手帳やニッチな手帳を眺めるのは面白い。これはそのひとつで、校長・教頭職に特化し…

『企画はひっくり返すだけ! - 「離婚式」「涙活」を成功させたぼくのアイデア術』 寺井広樹

『企画はひっくり返すだけ! - 「離婚式」「涙活」を成功させたぼくのアイデア術』寺井広樹 タイトルの乱暴さが良い。だが、この本に書かれていることを、まんま実行すると、ほぼ間違いなく爆死するはずだ。寺井は離婚式の発案でことに有名だが、離婚式が成…

『バカとブスこそ金稼げ!』 泉忠司

『バカとブスこそ金稼げ!』泉忠司 題がひどい。「ここまでヒドいと、それなりに考えがあってのことだろう」と思ったら、やっぱりその通りだった。そしてレビューを見る限り、著者の思惑通りに運んでいる。やるじゃん。 書店員や書店を訪れる見込み客には反…

『これがガバナンス経営だ - ストーリーで学ぶ企業統治のリアル』 冨山和彦

『これがガバナンス経営だ - ストーリーで学ぶ企業統治のリアル』冨山和彦 冨山和彦の新刊はガバナンス本。『会社は頭から腐る』、『結果を出すリーダーはみな非情である』など好著連発の冨山なので、何も心配はいらないな。 権力メカニズムの機能不全が企業…

『馬を飛ばそう』ケヴィン・アシュトン

『馬を飛ばそう』ケヴィン・アシュトン 書き手はIoT(モノのインターネット)という単語の生みの親とされるケヴィン・アシュトン。本人の経歴を見ると、P&Gで働いてた1997年ごろサプライチェーンの見直しでRFIDに注目したという。なるほど、その延長で1999年…

『経理のExcel強化書 - データ分析入門』平井明夫

『経理のExcel強化書 - データ分析入門』平井明夫 「Excelにそういう機能があるのは知ってるが、具体的に何に役立てたらいいのか分からない」ってのが、例えば単回帰分析だったり、ファンチャートだったり、相関係数だったりする。それら機能を実際的なデー…

『「世界一速い会社」の秘密』竹田正俊

『「世界一速い会社」の秘密』竹田正俊 発注から24時間以内に試作品を届ける、京都の会社クロスエフェクトについての本。実際それで世界一速いのか、俺は知らないし、あまり関心も湧かない。ただ速いのは分かる。気になったのは、淡々と仕事をこなす姿勢だな…

『お金の流れでわかる世界の歴史』 大村大次郎

『お金の流れでわかる世界の歴史』大村大次郎 元国税調査官がカネの流れから世界史を読み解く。イロモノ本と間違われそうだが、歴史と経済は切り離せない。歴史から経済を切り離そうとする姿勢は、ユダヤ人を両替商の卑しい連中と見なした古代人のそれと同じ…

『おもちゃ一獲千金!』市川隆司

『おもちゃ一獲千金!』市川隆司 おもちゃ業界には、ほぼ何の知識もないので気になった。傍目にも生存競争の厳しいこの業界で生き残るには、やはり知恵を働かせる必要があるだろう。では、どんな知恵が求められるのか? 著者は栃木にトイテックという会社を…

『強さを引き出すブランディング』パイインターナショナル

『強さを引き出すブランディング』 特に何のひねりもなく、そのまま強みを押し出してく王道的なブランディング観が好感触。こういの変にコネない方がいいよな。ろくろ回しじゃあるまいし。 物が溢れ、似たような商品が山のように並ぶ店頭で、いかに選ばれる…

『リモートチームでうまくいく - マネジメントの常識を変える新しいワークスタイル』倉貫義人

『リモートチームでうまくいく マネジメントの〝常識〟を変える新しいワークスタイル』倉貫義人 物理的に離れたリモートチームは普通うまくいかない。それなのに「リモートチームでうまくいく」ってんだから、よほど手応えのある策を見出したのか? 前著『「…

『お客を増やす努力をやめなさい!』池田順一

『お客を増やす努力をやめなさい!』池田順一 いかにも胡散くさいタイトル。出版社が日経BPということで、とりあえずチェックしてみたが、あれ? 意外といい本なんじゃね? ふたつのシンプルな質問は、たしかに的を射てる。 「顧客を増やすための値下げ→利益…

『香川発 希少糖の奇跡』松崎隆司

『香川発 希少糖の奇跡』松崎隆司 ジョブズがジョン・スカリーを口説いた際、「このまま一生砂糖水を売り続けたいのか、それとも私と一緒に世界を変えたいのか」とバイブルには書かれているが、希少糖ビジネスで当てれば、砂糖水を売り続けたままでも世界を…

『21世紀の不平等』アンソニー・B・アトキンソン

『21世紀の不平等』アンソニー・B・アトキンソン トマ・ピケティの師匠本を山形浩生訳で読む。弟子の方が有名になってしまい、師匠が本気を出しちゃったパターンに期待。 不平等研究の権威が、現代社会の根本を問い直す。思想の大転換を迫る書。格差をあきら…