読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『楊 淑美・流ヴォイストレーニングBOOK 目覚めよ! あなたも知らない自分の声』楊淑美

『楊 淑美・流ヴォイストレーニングBOOK 目覚めよ! あなたも知らない自分の声』楊淑美 どうしよう、元タカラジェンヌの本を紹介するのは、妙に緊張する。しかしここは気にせず、ふつうのボイトレ本として紹介しよう。さて一般に、個人の声はそうそう変わら…

『自然の鉛筆』ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット

『自然の鉛筆』ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット 世界最古とされる写真集を出版したウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット。これはその写真集『自然の鉛筆(Pencil of Nature)』の完全訳。写真史のお勉強をする感覚で、この本をめくっ…

『インフォグラフィックスの潮流 - 情報と図解の近代史』永原康史

『インフォグラフィックスの潮流 - 情報と図解の近代史』永原康史 インフォグラフィックスは見ていて目に楽しい。美しいインフォグラフィックスは、あたかも高度に洗練された抽象画のよう。鮮やかな色彩と、無駄のないシャープな輪郭、そして明確な伝達意志…

『バイエルの謎 - 日本文化になった教則本』安田寛

『バイエルの謎 - 日本文化になった教則本』安田寛 「とりあえずビール」と同じように、ピアノを始めるとなると、「まずはバイエル」というスタンダードが日本には定着している。その一方で、なぜビールなのか、なぜバイエルなのか、そもそもビールとは何か…

『うるうのもり』小林賢太郎

『うるうのもり』小林賢太郎 ラーメンズの小林賢太郎といえば、ほころびを見つけるのがウマい。あるいは、ほころばせるのがウマい。すなわち、理詰めで話を作っていって、それが破綻するところを上手に見せてくれる。稀有な才能。そのセンスは絵本でも健在だ…

『JUN AOKI COMPLETEWORKS 3 | 2005-2014』青木淳

『JUN AOKI COMPLETEWORKS 3 | 2005-2014』青木淳/鈴木心/阿野太一 建築家 青木淳の作品まとめ10年分。『原っぱと遊園地』シリーズが猛烈におもしろかったので、それからずっと青木の新刊を待ってたが、まるで音沙汰なく、ようやく出たと思ったら作品集じ…

『組み立て×分解! ゲームデザイン - ゲームが変わる「ルール」のパワー』渡辺訓章

『組み立て×分解! ゲームデザイン - ゲームが変わる「ルール」のパワー』渡辺訓章 ケイティ・サレンとエリック・ジマーマンによる名著『ルールズ・オブ・プレイ』のことを思い出した。あれは解剖学のようにゲームを説明し尽くそうとした、クッソ真面目な(…

『フローレンス・フォスター・ジェンキンス - 騒音の歌姫』ダリル・W・ブロック

『フローレンス・フォスター・ジェンキンス - 騒音の歌姫』ダリル・W・ブロック 公開中の映画『偉大なるマルグリット』の主人公であるフォスター・ジェンキンスの評伝。さんざん音痴だと言われていて、本当にそうなのか確認したところ、なるほど、完膚なきま…

『小松菜奈1st写真集 - Trabzon』小松菜奈/後藤啓太

『小松菜奈1st写真集「Trabzon」』小松菜奈/後藤啓太 今月の写真集でもっとも目を惹いたのが、この一冊だった。しかし、レビューを読む限りさんざんな評価で、どうやら表紙が奇跡の一枚の模様。何てこった。めちゃくちゃ雰囲気あるのに、他の写真はイマイチ…

『マティスの切り絵と挿絵の世界』海野弘

『マティスの切り絵と挿絵の世界』海野弘 晩年のマティスがハマった切り絵をまとめた一冊。個人的には油絵のマティスよりか、切り絵のマティスのが全然好み。世間的にはどうだか知らないが、こっちの方がよりマティスらしさが出てると思う。色彩と輪郭がいっ…

『ピアノ、その左手の響き - 歴史をつなぐピアニストの挑戦』智内威雄

『ピアノ、その左手の響き - 歴史をつなぐピアニストの挑戦』智内威雄 局所性ジストニアの発症により、後天的に右手の自由を失った智内による、左手のピアノ音楽案内。ETV特集「左手のピアニスト」で智内のことを知った人もいると思うが、多くの人は左手のピ…

『脳内異界美術誌 - 幻想と真相のはざま』荒俣宏

『脳内異界美術誌 - 幻想と真相のはざま』荒俣宏 書くべき人が書いた本。荒俣センセイによる、幻想美術、アウトサイダー・アートに関する書籍。しっくり来る。だいたい本人自身が、異界から来たようなオーラ出してる。それでいてオカルト方面とは、きっちり…

『トランペットを吹き鳴らせ! セルビア&マケドニア ジプシー音楽修行記』吉開裕子

『トランペットを吹き鳴らせ! セルビア&マケドニア ジプシー音楽修行記』吉開裕子 痛快なタイトルと同じように、生き方も痛快な吉開裕子のトランペット放浪記。いいなー、この体当たりな感じ! どれだけ著者がジプシー音楽に魅了されてるかが分かる。好き…

『数寄語り』潮田洋一郎

『数寄語り』潮田洋一郎 狭くて、深くて、滅法カネのかかる世界、数寄。興味本位で覗いてみるなら、この本なんかお手ごろだ。LIXILグループ会長である潮田洋一郎の、一般人には絶対に手の届かないコレクションを、サクッとチェックできる。創業者の潮田健次…

『へんてこな春画』石上阿希

『へんてこな春画』石上阿希 2013年から3か月ほど大英博物館で開かれた春画展「Shunga - sex and pleasure in Japanese art」は、有料企画だったにもかかわらず、9万人を動員するヒットを記録した。来場者の6割弱が女性だったのも話題になったんで、覚えてる…

『美学』アレクサンダー・ゴットリープ・バウムガルテン

『美学』アレクサンダー・ゴットリープ・バウムガルテン バウムガルテンの大書にして古典の『美学』全訳が初の文庫化。美学の創始者とされ、本書がなければ、カントによる『判断力批判』にせよ、ヘーゲルの『美学講義』にせよ、この世に出てこなかったとされ…

『簡単! 楽しい! おうちでできる音楽&リズムあそび』鈴木豊乃

『簡単! 楽しい! おうちでできる音楽&リズムあそび』鈴木豊乃 著者の音楽への果てしない愛を感じる。相手が子供だからといって、一切の手抜きを感じない目次構成。むしろ本気も本気。「歩くことはリズムを感じる第一歩!」、「怒鳴りたいときはうたって!…

『ジャワの芸能ワヤン - その物語世界』福岡まどか

『ジャワの芸能ワヤン - その物語世界』福岡まどか インドネシアのジャワ島といえば、ジャワカレーとジャワ原人とガムランくらいしか思いつかないが、人形をつかった伝統的な影絵芝居ワヤン・クリ(Wayang Kulit)も盛んだという。ググってみたところ、「そ…

『透明迷宮』笠井叡/細江英公

『透明迷宮』笠井叡/細江英公 レジェンド細江英公による笠井叡の写真集。まだ細江が生きてて、しかも現役というのが驚き。三島由紀夫を撮った『薔薇刑』、土方巽を撮影した『鎌鼬』の、あのカメラマンだ。日本の写真史をひもとけば、必ずどこかで目にする、…

『古田織部 - 美の革命を起こした武家茶人』諏訪勝則

『古田織部 - 美の革命を起こした武家茶人』諏訪勝則 武将にして茶人である、古田織部の本。多くの人がそうであるように、俺も山田芳裕のマンガ『へうげもの』経由で古田織部のことを知った。名器は名器でも、茶道具の方の名器で興奮してしまう、あの変態だ…

『仏像再興 - 仏像修復をめぐる日々』牧野隆夫

『仏像再興 - 仏像修復をめぐる日々』牧野隆夫 学術的な価値、あるいは骨董的な価値といった、わりあい客観的な要素を持つ仏像は、その重要性を説明しやすい。いわく「有名な仏師が彫った」、「当時の革新的な技術が使われている」、「名のある個人だれそれ…

『解読ジェフリー・バワの建築 - スリランカのアニミズム・モダン』岩本弘光

『解読ジェフリー・バワの建築 - スリランカの「アニミズム・モダン」』岩本弘光 インフィニティ温泉は大人気だ。水面と水平線が一体化し、まるで無限(インフィニティ)に湯船が広っているかのような感覚を味わえる。この原型インフィニティ・エッジ・プー…

『グーグースースー』ジョヴァンナ・ゾーボリ/シモーナ・ムラッツァーニ

『グーグースースー(そうえん社世界のえほん)』ジョヴァンナ・ゾーボリ/シモーナ・ムラッツァーニ イタリア・アンデルセン賞を受賞したジョヴァンナ・ゾーボリと、シモーナ・ムラッツァーニのコンビによる絵本。表紙のキツネが、あまりにも気持ちよさそう…

『美の考古学 - 古代人は何に魅せられてきたか』松木武彦

『美の考古学 - 古代人は何に魅せられてきたか』松木武彦 学校でまなぶ美術史といえば、バロック、ゴシック、ルネサンスといった、超ローカルでニッチな西洋美術史に集中しがちだ。たかだか数百年のとこだけ拾って、偏執狂のように些細なちがいをアレコレす…

『愛犬たちが見たリヒャルト・ワーグナー』ケルスティン・デッカー

『愛犬たちが見たリヒャルト・ワーグナー』ケルスティン・デッカー ふつうにワーグナーの評伝を書いてよさそうなのに、なぜかワンちゃん目線から語られる本書。まるで「ワーグナーがワーグナーたりえたのは、犬たちのおかげだった」と言わんばかりだ。著者の…

『僕はカンディンスキー』アナベル・ハワード

『僕はカンディンスキー』アナベル・ハワード パイインターナショナルから出てる「芸術家たちの素顔」シリーズの一冊。このシリーズは軽すぎず、重すぎず、なかなか良い。興味がないわけではないものの、例えば300ページ前後もあるような単著を読む気はしな…

『400のプロジェクトを同時に進める - 佐藤オオキのスピード仕事術』 佐藤オオキ

『400のプロジェクトを同時に進める - 佐藤オオキのスピード仕事術』 佐藤オオキ バルミューダやプラスマイナスゼロ、無印良品を絶賛する奴でも、佐藤オオキのnendoになると、いささか歯切れが悪い。評価しないわけではないが、決して絶賛することはない。そ…

『現代写真論 新版 コンテンポラリーアートとしての写真のゆくえ』 シャーロット・コットン

『現代写真論 新版 コンテンポラリーアートとしての写真のゆくえ』 シャーロット・コットン 晶文社のいい仕事。ハンパな写真論は世に溢れているが、読むならこの一冊だ。著者のシャーロット・コットン(※英Wikipedia)は、イギリス国立メディア博物館ではク…

『Moving Plants』 渡邊耕一

『Moving Plants』渡邊耕一 世の中には「なぜそれをライフワークに?」と理解しかねる趣味がある。これはその産物。シーボルトが日本から世界に広めた侵略植物イタドリ(Fallopia japonicaもしくはJapanese knotweed)の奇ッ怪な写真集だ。ちなみにイタドリ…

『玩具とデザイン - アトリエ ニキティキとトイメーカーの歴史』 上條桂子/アトリエ ニキティキ

『玩具とデザイン - アトリエ ニキティキとトイメーカーの歴史』上條桂子/アトリエ ニキティキ 木製の玩具は、「かわいらしいデザイン」だの、「木のぬくもり」だの、そういった方面から評価されがちだ。でも俺の好みはそうじゃなくて、シンプルな色と、シ…

『わたしのいえ』 カーソン・エリス

『わたしのいえ』カーソン・エリス カーソン・エリスによる、初めての絵本。ひとめで分かる傑作感。表紙とタイトルから、そこに描かれるであろう物語と、そのタッチが手に取るように分かる。紹介文も素晴らしい。ただ手元に置いているだけで、幸せになれそう…

『ゲーミファイ - エンゲージメントを高めるゲーミフィケーションの新しい未来』 ブライアン・バーク

『ゲーミファイ - エンゲージメントを高めるゲーミフィケーションの新しい未来』ブライアン・バーク それまで名付けられていなかった、ある手法に対して、2011年に「ゲーミフィケーション(Gamification)」との名前が与えられ、突如として脚光を浴びるよう…

『素材とデザインの教科書(第3版)』 日経デザイン

『素材とデザインの教科書(第3版)』日経デザイン デザインという言葉はひとり歩きしがちだが、最終的にモノとして作られる以上、マテリアルからは切り離せない。しかし素材を置き去りにして語られるデザイン論のいかに多いことか。その点でこの本は何とも…

『アニメーターが教えるキャラ描画の基本法則』 toshi

『アニメーターが教えるキャラ描画の基本法則』toshi なぜかMdNからキャラ描画の本。しかもアニメーターによるもの。「大丈夫なのか?」と心配になるが、表紙イラストのデフォルメ感やアングルを見る限り、フツーにレベル高い。それどころか、これほど生き生…

『ガーゼルガーの黒い真珠 - イスラーム美術の文様 アラベスクの源流を求めて』 アブドゥル・ナセル・サワビー

『ガーゼルガーの黒い真珠 - イスラーム美術の文様 アラベスクの源流を求めて』アブドゥル・ナセル・サワビー 渋い! 実に渋い仕事だ。著者はアフガニスタンの国立ヘラート大教授。イスラムとアラベスクは、切っても切り離せない。よって、その源流を求める…

『魔法の世紀』落合陽一

『魔法の世紀』落合陽一 だいぶ古い本(2015年11月刊)で申し訳ない。俺のメモだ。もうさんざん賞賛されてるので、あれこれ考えず、さっさと読んじまえ。アタリだろ、これ。 国際的な注目を集める研究者でありメディアアーティストでもある落合陽一が、今現…

『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』ヤマザキマリ

『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』ヤマザキマリ 『テルマエ・ロマエ』で知られるザキヤマによる美術論。まず外さないだろう。才能ある変人に対する、歪んだ愛情の深さはよく知ってる。それを原動力にザキヤマは仕事してる感すらあるからな。とり・みき…

『真ッ黒ニナル果テ - 30 years and still counting』MURO

『真ッ黒ニナル果テ - 30 years and still counting』MURO こっちは「彫る」じゃなくて「掘る」の世界。そんで勿論、DJがレコードを漁る方の掘る。レコード掘りも30年になれば、ほとんど求道者の世界。あと、本人の作品が掘られることもあって、例えばDiggin…

『人気の三種が彫れる - 仏像彫刻 上達のポイント』関侊雲/紺野侊慶

『人気の三種が彫れる - 仏像彫刻 上達のポイント』関侊雲/紺野侊慶 仏像彫刻というジャンルの趣味があり、かつ人気仏像もあるらしいというのが、ふつうに驚き。第一に俺は「彫刻が趣味です」って野郎に会ったことさえないんだぜ。そんで「コツがわかる本」…

『UI GRAPHICS - 世界の成功事例から学ぶ、スマホ以降のインターフェイスデザイン』深津貴之/渡邊恵太/菅俊一ほか

『UI GRAPHICS - 世界の成功事例から学ぶ、スマホ以降のインターフェイスデザイン』深津貴之/渡邊恵太/菅俊一ほか この手の本はハズレが多いが、本書は執筆陣が豪華だ。『融けるデザイン』の渡邊恵太、『差分』の菅俊一、インタビューには中村勇吾と、「お…

『朱の記憶 - 亀倉雄策伝』馬場マコト

『朱の記憶 - 亀倉雄策伝』馬場マコト 五輪エンブレムのドタバタで、変な角度から見直されるようになった亀倉雄策。現代にもスターデザイナーと呼ばれる連中はいるものの、巨星亀倉の前では霞んでしまう。亀倉の仕事を知れば知るほど、あまりのスケールのデ…

『もじ部 - 書体デザイナーに聞く デザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』雪朱里+グラフィック社編集部

『もじ部 - 書体デザイナーに聞く デザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』雪朱里+グラフィック社編集部 フォント作家にコンセプトや使い方を尋ねる無茶な企画。一般に「この曲はどんな気分の時に聴いて欲しいですか?」「この映画は誰と観たらいいで…

『しかめっ面にさせるゲームは成功する - 悔しさをモチベーションに変えるゲームデザイン』イェスパー・ユール

『しかめっ面にさせるゲームは成功する - 悔しさをモチベーションに変えるゲームデザイン』イェスパー・ユール MITのゲーム関連研究Playful Thinking シリーズから。このシリーズはわりとおもしろそうなので、伊藤穰一パワーでも使って全部翻訳してもらいた…

『モービー・ディック・イン・ピクチャーズ - 全ページイラスト集』マット・キッシュ/柴田元幸

『モービー・ディック・イン・ピクチャーズ - 全ページイラスト集』マット・キッシュ/柴田元幸 冴えない図書館員マット・キッシュが、メルヴィルの『白鯨』(シグネット・ペーパーバック版。全552ページ)にイラストを添えた本。カフェテリア料理人、病院受…

『作詞の勉強本 - 「目線」と「発想」の拡大が共感を生む物語を描き出す鍵となる』島崎貴光

『作詞の勉強本 - 「目線」と「発想」の拡大が共感を生む物語を描き出す鍵となる』島崎貴光 この手の本は、もうまるでペラッペラのゴミか、思いがけず度肝を抜かれる掘り出し物か、そのどちらかしかない。中間はない。この本がどちらか分からないが、あけす…

『憑かれたポットカバー - クリスマスのための気落ちした気色悪い気晴らし』エドワード・ゴーリー

『憑かれたポットカバー - クリスマスのための気落ちした気色悪い気晴らし』エドワード・ゴーリー エドワード・ゴーリーを柴田元幸の翻訳で。このコンビ、ずいぶん長いつきあいだな。クリスマスはもう過ぎてしまったが、あれは幻だったから問題なし。 「我は…

『細野晴臣 録音術 ぼくらはこうして音をつくってきた』鈴木惣一朗/細野晴臣ほか

『細野晴臣 録音術 ぼくらはこうして音をつくってきた』鈴木惣一朗/細野晴臣ほか 「細野晴臣」と「録音術」の組み合わせが、アンド検索の候補に出て来ても、ちっとも不思議ではない。そのまんまの題名。マジでタイトルに違和感なさすぎ。 40年におよぶ細野…

『「音大卒」の戦い方』大内孝夫

『「音大卒」の戦い方』大内孝夫 協力に武蔵野音楽大学とクレジットされ、出版社がヤマハミュージックメディアってのがツボったが、著者の前作『「音大卒」は武器になる』はなかなかの高評価。今作もただのタイトル勝負ではなく、きちんと中身を伴っていると…

『デザインからデザインまで』廣村正彰

『デザインからデザインまで』廣村正彰 印象的なカプセルホテル9h(ナインアワーズ)でグラフィックデザインを担当した廣村正彰。ggg Booksに採用されてる野郎だし、そんなおかしな本でもないだろう(雑な判断)。 領域を超えて拡張を続ける廣村のデザイン。…

『世界グラフィック・デザイナー名鑑 Graphic Design Visionaries』キャロライン・ロバーツ

『世界グラフィック・デザイナー名鑑 Graphic Design Visionaries』キャロライン・ロバーツ Grafikのキャロライン・ロバーツが選んでる時点でハズレはないだろ。日本からは亀倉雄策、田中一光、横尾忠則が選出されている。 これ一冊でグラフィック界のレジェ…