BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

歴史/地理

『トウガラシの世界史 - 辛くて熱い「食卓革命」』山本紀夫

『トウガラシの世界史 - 辛くて熱い「食卓革命」』山本紀夫 『トウガラシ讃歌』、『ジャガイモとインカ帝国』、『インカの末裔たち』などの著作がある山本紀夫によるトウガラシの新書。中南米を原産地とするトウガラシに関する書籍なので、その仕事のブレな…

『魔の地ニューギニアで戦えり』植松仁作

『魔の地ニューギニアで戦えり』植松仁作 ニューギニアといえば南半球である。今では信じられないことに、旧日本軍はそんなところまで出向いていた。ただ単純に驚く。それもほぼ行き当たりばったりの計画で、現地で何とかするタイプのブラックな任務。大局観…

『インフォグラフィックスの潮流 - 情報と図解の近代史』永原康史

『インフォグラフィックスの潮流 - 情報と図解の近代史』永原康史 インフォグラフィックスは見ていて目に楽しい。美しいインフォグラフィックスは、あたかも高度に洗練された抽象画のよう。鮮やかな色彩と、無駄のないシャープな輪郭、そして明確な伝達意志…

『トンブクトゥ - 交界都市の歴史と現在』応地利明

『トンブクトゥ - 交界都市の歴史と現在』応地利明 イブン・バットゥータにより、「黄金の都」として知られるようになったトンブクトゥ。かつてはサハラ交易で栄え、アフリカの交易上重要なポジションを占めた。今では世界遺産に登録されてるが、なかなか日…

『リトヴィーノフ - ナチスに抗したソ連外交官』斎藤治子

『リトヴィーノフ - ナチスに抗したソ連外交官』斎藤治子 旧ソ連の外交官マクシム・リトヴィノフの激アツな人生を辿った一冊。リトヴィーノフのことは、まったく知らなかったが、ちょっとプロフィールを見ただけでも、かなり波乱万丈な一生だ。この本では、…

『「かぐや姫」誕生の謎 - 渡来の王女と道真の祟り』孫崎紀子

『「かぐや姫」誕生の謎 - 渡来の王女と道真の祟り』孫崎紀子 『竹取物語』の「かぐや姫」誕生の謎に迫る本。奈良時代に書かれた『日本書紀』を手掛かりに、中世ペルシア、飛鳥遺跡、神社の祭神、そして最古の『竹取物語』写本まで読み解き、「かぐや姫」が…

『プラハの墓地』ウンベルト・エーコ

『プラハの墓地』ウンベルト・エーコ 「ちょっと待って。ウンベルト・エーコの本って、それノンフィクションじゃなくない?」というツッコミがありそうだが、まったくその通り。小説です。だがエーコの小説は、そこいらの半端なノンフィクションよりか、実は…

『阪神タイガース「黒歴史」』平井隆司

『阪神タイガース「黒歴史」』平井隆司 国内外でいかなる出来事があろうとも、トップに阪神タイガース関係の記事を持ってくる、信念のブレない新聞デイリースポーツ。そのデイリーで虎番をしていた著者が阪神タイガースの黒歴史をまとめたもの、それがこの一…

『幕末に海を渡った養蚕書』竹田敏ほか

『幕末に海を渡った養蚕書』竹田敏ほか 上垣守国が1802年に書いた養蚕書『養蚕秘録』が、シーボルトによってオランダを経由し、フランスで翻訳され、後にイタリア語にも訳された経緯と時代背景を追った本。ちなみにフランスでは19世紀後半から養蚕業が衰退、…

『日本語を作った男 - 上田万年とその時代』山口謠司

『日本語を作った男 - 上田万年とその時代』山口謠司 知ってるようで知らないことは、案外多い。たとえば、「標準語のクリエイターは誰?」と質問されて、すぐに答えられる奴は少ないだろう。俺も知らなかった。そもそも標準語は、誰かがリーダーシップを発…

『大久保利通と東アジア - 国家構想と外交戦略』勝田政治

『大久保利通と東アジア - 国家構想と外交戦略』勝田政治 歴史に「もし」は禁句だが、それでもやはり思ってしまう。「もし大久保が暗殺されていなければ?」おそらく日本の歴史は大きく変わっていただろうし、アジアの中での立ち位置も、世界の中でのポジシ…

『異端思想の500年 - グローバル思考への挑戦』大津真作

『異端思想の500年 - グローバル思考への挑戦』大津真作 京都大学学術出版会から異端思想の本。うん、しっくり来るな。むしろ、京大から王道的な思想書が出てきたら困惑すると思う。著者の経歴も、物理学科を卒業して、経済学部につとめて、西欧社会思想史が…

『ジャワの芸能ワヤン - その物語世界』福岡まどか

『ジャワの芸能ワヤン - その物語世界』福岡まどか インドネシアのジャワ島といえば、ジャワカレーとジャワ原人とガムランくらいしか思いつかないが、人形をつかった伝統的な影絵芝居ワヤン・クリ(Wayang Kulit)も盛んだという。ググってみたところ、「そ…

『世界を動かす少数民族』高やすはる

『世界を動かす少数民族』高やすはる 世界を動かすような少数民族が40も存在するか? 盛ってる気がするぞ。しかし、いくらか誇張があるにせよ、そういった少数民族の話が聞けるんなら耳を傾けよう。だいたいにおいて少数民族は、世界に動かされる側だからな…

『仏像再興 - 仏像修復をめぐる日々』牧野隆夫

『仏像再興 - 仏像修復をめぐる日々』牧野隆夫 学術的な価値、あるいは骨董的な価値といった、わりあい客観的な要素を持つ仏像は、その重要性を説明しやすい。いわく「有名な仏師が彫った」、「当時の革新的な技術が使われている」、「名のある個人だれそれ…

『世界史の中の安倍政権』南塚信吾/小谷汪之/木畑洋一

『世界史の中の安倍政権』南塚信吾/小谷汪之/木畑洋一 安倍政権については色いろと言われているが、それを支持する奴、支持しない奴、どちらの言葉にもパンチがない。こんな時に賢者はどうするか? 歴史に学ぶわけだ。この本では、三人の歴史家が、世界史…

『BIS国際決済銀行 - 隠された歴史』アダム・レボー

『BIS国際決済銀行 - 隠された歴史』アダム・レボー BIS規制(バーゼル合意)で耳にしたことがあるはずのBIS(ビーアイエス)の本。ときおりBIS規制の変更で、世界中の銀行が右往左往することになる、あの謎の組織だ。スタッフは600人ほどで、その絶大な影響…

『美の考古学 - 古代人は何に魅せられてきたか』松木武彦

『美の考古学 - 古代人は何に魅せられてきたか』松木武彦 学校でまなぶ美術史といえば、バロック、ゴシック、ルネサンスといった、超ローカルでニッチな西洋美術史に集中しがちだ。たかだか数百年のとこだけ拾って、偏執狂のように些細なちがいをアレコレす…

『フレデリック・ダグラス自伝 - アメリカの奴隷制を生きる』フレデリック・ダグラス

『フレデリック・ダグラス自伝 - アメリカの奴隷制を生きる』フレデリック・ダグラス 著者のフレデリック・ダグラスは、19世紀のアメリカで奴隷制廃止論を訴えた野郎で、「アナコスティアのライオン」と呼ばれた男だ。奴隷が文字を学ぶことさえ違法(!)と…

『ダッハウ強制収容所自由通り』 エドモン・ミシュレ

『ダッハウ強制収容所自由通り』 エドモン・ミシュレ 第二次世界大戦を生きた人間の話には、「冗談だろ、それ(絶句)」というのが多く、本書もそれに属するものだろう。よく知らなかったので、とりあえずダッハウ強制収容所を調べてみたら、なるほど、ひど…

『メッカ巡礼記1 - 旅の出会いに関する情報の備忘録』 イブン・ジュバイル

『メッカ巡礼記1 - 旅の出会いに関する情報の備忘録』 イブン・ジュバイル これは現代のメッカ巡礼記ではない。12世紀の旅ブログと考えればいい。あるいは、ことりっぷとか、地球の歩き方みたいなもん。著者のイブン・ジュバイルは、当時すごい人気のブロガ…

『鬼谷子 - 100%安全圏から、自分より強い者を言葉で動かす技術』 高橋健太郎

『鬼谷子 - 100%安全圏から、自分より強い者を言葉で動かす技術』 高橋健太郎 この本はずいぶん題名で損してそうだ。何しろ「鬼谷子」なので、芸能人の「鬼奴(おにやっこ)」によるタレント本と勘違いされそうだからだ。もちろん、まったく関係ない。鬼谷子…

『政治思想家としてのグルントヴィ』オヴェ・コースゴー

『政治思想家としてのグルントヴィ』オヴェ・コースゴー どこの国にも巨人と呼べる歴史上の人物がいるものだ。名前を聞いたこともないような、このデンマークのニコライ・フレデリク・セヴェリン・グルントヴィもまた、その一人と言えるだろう。知られざる建…

『チェチェン - 平和定着の挫折と紛争再発の複合的メカニズム』富樫耕介

『チェチェン - 平和定着の挫折と紛争再発の複合的メカニズム』富樫耕介 飽きもせず世界各地で紛争が起きてるので、そろそろ誰か「紛争のデザインパターン」みたいな本を書いてくれないか。俺が読みたい。「和平のアンチパターン」でもいい。これはチェチェ…

『Moving Plants』 渡邊耕一

『Moving Plants』渡邊耕一 世の中には「なぜそれをライフワークに?」と理解しかねる趣味がある。これはその産物。シーボルトが日本から世界に広めた侵略植物イタドリ(Fallopia japonicaもしくはJapanese knotweed)の奇ッ怪な写真集だ。ちなみにイタドリ…

『玩具とデザイン - アトリエ ニキティキとトイメーカーの歴史』 上條桂子/アトリエ ニキティキ

『玩具とデザイン - アトリエ ニキティキとトイメーカーの歴史』上條桂子/アトリエ ニキティキ 木製の玩具は、「かわいらしいデザイン」だの、「木のぬくもり」だの、そういった方面から評価されがちだ。でも俺の好みはそうじゃなくて、シンプルな色と、シ…

『スウェーデン・モデル - グローバリゼーション・揺らぎ・挑戦』 岡澤憲芙/斉藤弥生

『スウェーデン・モデル - グローバリゼーション・揺らぎ・挑戦』岡澤憲芙/斉藤弥生 言われてみれば、スウェーデンは実験国家だ。そのわりに実験国家にありがちな、セカセカしたところがないのは、北国ならではの思慮深さのあらわれか。 二〇〇年間戦争を起…

『スペインとスペイン人 - スペイン神話の解体』 フアン・ゴイティソロ

『スペインとスペイン人 - スペイン神話の解体』フアン・ゴイティソロ 裕福な家庭の長男としてバルセロナに生まれたものの、フランコ時代に自著が出版禁止にされ、パリに亡命した作家フアン・ゴイティソロによるスペイン論。本人はオクタビオ・パス賞、セル…

『幕末維新を動かした8人の外国人』 小島英記

『幕末維新を動かした8人の外国人』小島英記 NHKの大河ドラマといえば、日本史を動かした奴が主人公になるのでお馴染みだ。ここでひとつ、誰もまだ見たことがなくて、すごく見てみたくなる大河ドラマを提案したい。日本史を動かした重要人物ならオッケーとい…

『キューバ』 伊藤千尋

『キューバ』伊藤千尋 アメリカが国交を回復させたので、このタイミングでキューバ本を読むのもいいかもしれない。著者は中南米の国々についての著作の多い伊藤千尋。クオリティ的に全然問題ないだろう。 米国は武力と経済制裁でキューバをつぶそうとしたが…

『ギャルと「僕ら」の20年史 - 女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉』 長谷川晶一

『ギャルと「僕ら」の20年史 - 女子高生雑誌Cawaii!の誕生と終焉』長谷川晶一 レジェンドな雑誌『Cawaii!』の足取りをたどる本。この雑誌の表紙は、30メートル先からでも視認できるほどヒドいものだったが、それでいて「かわいい」を自称していたんだから恐…

『ガーゼルガーの黒い真珠 - イスラーム美術の文様 アラベスクの源流を求めて』 アブドゥル・ナセル・サワビー

『ガーゼルガーの黒い真珠 - イスラーム美術の文様 アラベスクの源流を求めて』アブドゥル・ナセル・サワビー 渋い! 実に渋い仕事だ。著者はアフガニスタンの国立ヘラート大教授。イスラムとアラベスクは、切っても切り離せない。よって、その源流を求める…

『われら勝ち得し世界 - セクシュアリティの歴史と親密性の倫理』ジェフリー・ウィークス

『われら勝ち得し世界 - セクシュアリティの歴史と親密性の倫理』ジェフリー・ウィークス ジェフリー・ウィークス、ひさびさの翻訳書(本人は比較的多作)。ネタがLGBTってだけだと、正直あんま興味が出ない。しかし性の解放、女性解放という流れを追った上…

『若い読者のための第三のチンパンジー - 人間という動物の進化と未来』 ジャレド・ダイアモンド/レベッカ・ステフォフ

『若い読者のための第三のチンパンジー - 人間という動物の進化と未来』ジャレド・ダイアモンド/レベッカ・ステフォフ 『銃・病原菌・鉄』で知られるジャレド・ダイアモンドの新刊! となれば、もっと大々的に取り上げたいとこだが、内容的には旧作のアップ…

『メソポタミアとインダスのあいだ - 知られざる海洋の古代文明』 後藤健

『メソポタミアとインダスのあいだ - 知られざる海洋の古代文明』後藤健 古代海洋文明と聞いただけで、いきなりテンションが上がってしまう奴のための本。ヴェーイ!というか中東情勢が悪くなりすぎて、人類最古の文明跡地を訪ねにくくなった現状はマジで憎…

『お金の流れでわかる世界の歴史』 大村大次郎

『お金の流れでわかる世界の歴史』大村大次郎 元国税調査官がカネの流れから世界史を読み解く。イロモノ本と間違われそうだが、歴史と経済は切り離せない。歴史から経済を切り離そうとする姿勢は、ユダヤ人を両替商の卑しい連中と見なした古代人のそれと同じ…

『7人の主君を渡り歩いた男 - 藤堂高虎という生き方』 江宮隆之

『7人の主君を渡り歩いた男 - 藤堂高虎という生き方』江宮隆之 ニコニコ大百科かアンサイクロペディアの無駄に充実したエントリに目を通すと、藤堂高虎の強烈なキャラを知ることができる。もちろん、だいぶ脚色が入ってることを考慮する必要はある。どんどん…

『ネパールに学校をつくる - 協力隊OBの教育支援35年』酒井治孝

『ネパールに学校をつくる - 協力隊OBの教育支援35年』酒井治孝 あれこれ活動している海外青年協力隊。やってることが多岐にわたりすぎるので、じっくり一ヶ所で取り組んだ例を読んでみたい。そんな時これなんかはもってこいだ。この本ではネパールでの高校…

『食糧と人類 - 飢餓を克服した大増産の文明史』ルース・ドフリース

『食糧と人類 - 飢餓を克服した大増産の文明史』ルース・ドフリース 2007年にマッカーサー・フェロー(通称「天才賞」)に選出された気鋭のコロンビア大教授ルース・ドフリースの意欲作。ビッグヒストリーが好きな奴なら、この一冊は外せないだろ。 科学力と…

『地理から見た信長・秀吉・家康の戦略』足利健亮

『地理から見た信長・秀吉・家康の戦略(読みなおす日本史)』足利健亮 もうこれ絶対おもしろいだろ。交通網に流通網、それに情報網が、今とは比べ物にならないほど未発達だった時代、どこに拠点を置き、どこに目を光らせ、どこを死守すべきかという地理的問…

『危機と決断 - 前FRB議長ベン・バーナンキ回顧録』 ベン・バーナンキ

『危機と決断(上下巻) - 前FRB議長ベン・バーナンキ回顧録』ベン・バーナンキ ヨーダみたいなグリーンスパンの後、FRB議長に就いたバーナンキの回顧録。リーマンショック時の進むも地獄 退くも地獄な状況下、奴は何を手掛かりに決断したのか。俺が知りたい…

『中東特派員はシリアで何を見たか - 美しい国の人々と「イスラム国」』津村一史

『中東特派員はシリアで何を見たか - 美しい国の人々と「イスラム国」』津村一史 サブタイトルから感じられる視線のやさしさがヒット。戦地に出向く特派員には珍しく、著者の津村は東大法卒の超インテリだ。クラウド特典あり。 著者が中東で撮影した未発表の…

『古代世界の呪詛板と呪縛呪文』ジョン・G. ゲイジャー

『古代世界の呪詛板と呪縛呪文』ジョン・G. ゲイジャー 見るからにおどろおどろしいカバー写真。タイトルで「古代世界」と、さも現代と無縁のように書いてるが、呪詛板も呪縛呪文もオンラインではバリバリの現役だぜ。著者はこいつ。京都大学学術出版会から…

『共存の模索 - アメリカと「二つの中国」の冷戦史』佐橋亮

『共存の模索 - アメリカと「二つの中国」の冷戦史』佐橋亮 米中間には、かつての米ソ間にあったような緊張感が目に見えにくい。それは何故なのか? 俺はその辺が気になる。ひょっとして中国には英米圏に苦手意識があるのか。かつてアヘン戦争で蹂躙された苦…

『刑法と戦争 - 戦時治安法制のつくり方』内田博文

『刑法と戦争 - 戦時治安法制のつくり方』内田博文 挑発的なサブタイトルとは裏腹に、書体やカラーリングも含めて古めかしいカバーが激渋。神田の古本屋街に並んでても違和感ない。皮肉でも何でもなく超クール。新しいのに古い。古いのに今に通じる。俺には…

『中世と貨幣 - 歴史人類学的考察』ジャック・ル・ゴフ

『中世と貨幣 - 歴史人類学的考察』ジャック・ル・ゴフ フランスを代表する知性ジャック・ル・ゴフによる貨幣本。歴史人類学的アプローチというのが熱い。逆にこのスケールで貨幣を語ってハズしてたらマズいよな、巨匠的に。 『中世の高利貸』において高利貸…

『エロ本黄金時代』本橋信宏/東良美季

『エロ本黄金時代』本橋信宏/東良美季 たまに河出書房新社は、こうトチ狂った企画を出してくるので、ムッツリすけべキャラだな。書き手はエロ業界に造詣のある本橋、東良なので安心だろう。 雑誌の黄金時代、自由と夢を抱く男たちが築き上げたエロ本文化。…

『イスラム化するヨーロッパ』三井美奈

『イスラム化するヨーロッパ』三井美奈 紹介文が熱い。書き手はクールビューティーの三井美奈。 西欧育ちの若者が、なぜ過激派に共鳴するのか。自由の国フランスで、なぜベールの着用が禁止されるのか。戦後復興の担い手は、いかにして厄介者となったのか。…