読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『自然の鉛筆』ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット

アート/デザイン

『自然の鉛筆』ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット

世界最古とされる写真集を出版したウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボット。これはその写真集『自然の鉛筆(Pencil of Nature)』の完全訳。

写真史のお勉強をする感覚で、この本をめくっても、おそらくそんなに面白くない。「昔の人は写真を一枚撮るのも大変だったんだなー」とか、「やっぱ荒いよな」とか、そういった感想しか出てこないはず。そうではなく、仮に「人類で最初にカメラを手にし、(絵画とは比較にならないほど)緻密なリアリティを持った写真を撮影できる立場になったら?」と強くイメージして、ページをめくってみるといい。

途端に、タルボットの撮影した写真すべてが、ものすごい熱量を持ち、新鮮なものとして感じられるようになるだろう。表紙の枝も、何気ない街頭の写真も、人物のスナップも、いずれも実は非常に饒舌。自在に世界の一瞬を切り取って、(半永久的に!)手中にできるその興奮が伝わってくる。あたらしい写真術をみずからの手で作り出し、そのための知恵を振り絞る、特別な高揚感も。

この辺のニュアンスが分かった上で、『自然の鉛筆』をめくってみるといい。猛烈に面白いことを保証する。逆に、いまいち分からない状態で接しても、本来の面白みは1000分の1も伝わってこないだろう。

写真術の発見に至るまでの経緯やその重要性をトルボット自ら記した文章と、写真図版一枚一枚に添えられた文章の、初の完全訳。

あわせて『自然の鉛筆』をめぐる写真家、美術家、研究者によるエッセイと、トルボット自身の重要な言葉を収載。

自然の鉛筆

自然の鉛筆

  • 作者: ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット,マイケルグレイ,青山勝,畠山直哉,ヘンリー・F トルボット,金井直,ジュゼッペペノーネ
  • 出版社/メーカー: 赤々舎
  • 発売日: 2016/02/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る