読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『ドイツ帝国の正体 - ユーロ圏最悪の格差社会』 イエンス・ベルガー

国際 社会/政治 Kindle

ドイツ帝国の正体 - ユーロ圏最悪の格差社会』イエンス・ベルガー

著者のイエンス・ベルガーはNach Denk Seitenの編集者。ドイツのピケティと呼ばれているらしいが、その辺はどうなんだろうな。言ったもん勝ちな気がする。

俺の薄っぺらい認識によれば、経済成長率の鈍った先進国は、国内の格差を助長する傾向がある。だからドイツで格差問題が起きていたとしても、あんま驚かない。驚くとすれば、「ドイツ人の知性をもってしても、格差問題は解決できないなら、もうこれ人類に解けない難題だよな」ってこと。

さて、ベルガーは人類を救うことができるのか。

真面目で勤勉、規律正しくて堅実。そんな優等生国家ドイツは、実は大きな闇を抱えていた。深刻化する格差社会に警鐘を鳴らすのが、「ドイツ版ピケティ」とも呼ばれる男。ドイツ中の注目を浴びたその驚くべき提言とは。

ドイツ帝国の正体――ユーロ圏最悪の格差社会 (ハヤカワ・ノンフィクション)

ドイツ帝国の正体――ユーロ圏最悪の格差社会 (ハヤカワ・ノンフィクション)