読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOOK HUNTING

ノンフィクション系の新刊、近刊を平日5冊、週30冊ペースで紹介。児童書から医学書まで。

『へんてこな春画』石上阿希

『へんてこな春画』石上阿希

2013年から3か月ほど大英博物館で開かれた春画展「Shunga - sex and pleasure in Japanese art」は、有料企画だったにもかかわらず、9万人を動員するヒットを記録した。来場者の6割弱が女性だったのも話題になったんで、覚えてる人も多いだろう。

さて、おかしな春画を紹介した本はいくつもあるが、これはその春画展にキュレーターとして参加した石上のものなので、なかなか由緒あるオモシロ春画本と言えるだろう。むしろ、そんな人がよくぞこの仕事を引き受けてくれた。えーと、なになに? 地球が性器で、名所が女体だって? なるほど、意味がわからないな!

いや、真面目にも解釈できるが(「昔から修験道とか鳥居とかでは地形を女体に見立て胎内回帰的な装置として~」)、それは野暮というものだ。発想の奔放さをそのまま楽しんだ方が健全。

大英博物館春画展」キュレーターが厳選した春画とその元ネタ150。すべてのものをアチラに取り込むオモシロ春画、ご開帳。

へんてこな春画

へんてこな春画

広告を非表示にする